昔の日記やっとUP出来ました

Dai_060717
ずっと書き溜めていた大吉が亡くなってからの日記を今日やっとUPすることが出来ました。これからも日記は続ける予定ですが、一番悲しかった時期のものをUPで来て良かったと思います。ペットロスについて、もっと理解をしてもらえるならと思い、つらい思い出ですがすべて載せました。私はまだ軽い方ですが、悲しみから立ち直ることは誰でも出来ると信じています。興味があれば是非大吉が亡くなった1月21日からの記事を読んでいただきたいです。
写真は去年の今頃の大吉。ゴミ袋を遊び道具にして自慢げです。ウインクしているのが分かりますか?(*^。^*)

「昔の日記やっとUP出来ました」への2件のフィードバック

  1. 小さい頃、飼っていたイヌ(野良)が知らぬ間に親に捨てられ、狂ったように泣いた思い出がある。事情があったにせよ、悲しかったなぁ。
    中学生の頃、すぐ隣の家にチャウチャウの赤ちゃんがやってきた。隣とは仲良くしてたので、まるで自分のイヌのようにかわいがった。名前もなぜか自分がつけた。ころころした「ブー」というチャウチャウは飼い主と私のアイドルだったが、大人になった「ブー」はある日、鎖がつながったまま壁を乗り越えようとして首つり状態で冷たくなっていた。それ以来、どうもペットを飼おうとする気が無くなってしまった。ペットが突然いなくなるのは辛すぎる。
    大吉くんの冥福を祈るとともに新しい弟が早く来るといいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください